うりぐりのupdownな日々


歯医者・その後

この間、歯医者で口腔内の検査をしました。



○ 唾液をとって、虫歯になりやすいかどうか薬液で反応をみる。

○ 磨き残しがないか、歯を赤く染めて確認。

○ 歯茎からの出血を薬剤で調べる。

○ 歯垢をとって、細菌がいないか、顕微鏡で見る。

○ 口腔内の写真を撮る。


・・・・・・・・以上、時間は30分程度。

で、さらに月曜日、結果を聞きに行ってたんですが。


通常よりもやや虫歯になりやすく、歯茎からの出血もあることから歯周病菌がいる疑いもあるとのことでした。


さらにさらに。

なんと、自分の歯垢を顕微鏡で拡大したのを見せてもらいました!!

歯周病菌って、細長い枝みたいな形してるんです。

状態は中程度だそうですが、こんなものが口の中にいるだなんて・・・(涙)

もっと状態のひどい方の映像を見ると、細菌が増殖しすぎて、森みたいなかんじ。

全然いない方のは、死の海みたいになにもいませんでした。


こうやって映像で見せられると、すごい説得力がありますね。

で、10年ぶりかで、歯磨きの指導をうけました・・・・・。

昔教わったやり方と、今ではちがうんですね。

以前は、歯の一本一本を丁寧に・・・と言われたんですが、いまは、歯と歯の隙間に歯ブラシの毛先をつっこんで、歯間ブラシみたいに磨くようです。

しかも、歯を磨いた後は、歯周病菌をやっつけるための薬剤を歯と歯茎のすきまに塗りこむように磨くんです!


先生の方針では、

『今、痛いから治療する、というんではなく、5年後、10年後に自分の歯があるような治療をしていく』

というものらしく、歯周病も発病しているわけではなく、あくまでこれ以上増えないための予防だそうです。


今日、虫歯の治療で行ってきたんですが、よく磨けていると誉めていただきました。


しかし、歯医者もちょっと通っていなかったら、こんなに考え方や技術が進歩しているんですね。

正直、かなりびっくりしましたよ!


新しい歯の磨き方も、じっくり時間をかけてやっていると、ぼーっとして無我の境地に飛べることがわかったので、なんだかはまってやってます(笑)

というわけで、なんだか、歯医者がマイブームなうりこなのでした☆


b0108506_22264112.jpg


↑これは、歯医者でもらった歯ブラシ。

硬めのものだと、力をいれすぎて歯をどんどんけずってしまうんだそうです。

なので、やわらかく、歯間にはいりやすいやわらかいものです。


b0108506_22265284.jpg


これが歯周病菌をやっつける薬。

上の歯に1滴、下の歯に1滴。

味は・・・・・なんだかほのかに甘いです。。。。。
[PR]
by uriko_nyankororin | 2006-08-09 22:31

<< 視線      教育方針 >>

にゃんことうりこの日常風景です
by uriko_nyankororin
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30